今年もありがとうございました

今年も1年ありがとうございました。
COVID-19でいろいろと変化の多かった年でしたが、3点ほど今年の印象的な出来事を上げてみます。

■ 3月頃からリモートワークを続けてます

3月頃から続けてリモートワークをしています。
良い点としては、(COVID-19はあまり関係ないですが)子供がいると何かあったときに対応しやすく、
その点は非常に良かったかな。

一方で一時期は常にリモートでも良いのかなと思い、実際そういう時期も2ヶ月近くあったけど、
実際にやってみると中々すべてをリモートでというのは難しいなと感じました。
特に人と人とのやり取りの中では、直接会うほうが進めやすいというケースがありますね。

■ Linux Kernelをいじる業務が増えました

以前からそんな感じのことはしていたのですが、今年は特に集中的にやってます。
ソースコードを上から下まで読み込んで、いろいろと手を加えたりとか、
バグを出したりとかしていて、奥深いところまで理解が進んだのかなおと思ってます。
特にアーキテクチャ依存部の実装や一部のドライバの実装には詳しくなったと思います。
また、自分の手でOSを動かせるっていうのはやっぱり面白いですね。

■ 万年筆にはまりました

以前からプラチナ万年筆のプレピーという万年筆を使っていました。
ただ、ペン先の歩留まりが悪いのか、数本買って書き味の選別をしてみたり、
(一本300円ぐらいなので)自分でルーペでみながらヤスリで調整とかしていました。
じゃあ、ペン先が金の万年筆だとどうなのか?というのが発端で、
センチュリーの太字と細字を半年間隔ぐらいで購入してしまい、はまりました。

使ってみた感想は期待通りか、ちょっと下回るぐらいかなぁ。。。
太字はぬらぬら感が良かったんですが、細字はかりかり感が出てしまうのがちょっと微妙なところでした。
こういう時期でなければ、ペンクリニックに持っていって調整をしてもらうの良いとは思ってます。
次に気になってくるのは、他のメーカーだとどうなのかなとか思っていて、
また少し経ったら買いたくなっちゃう気がします。。。

逆にうまくいかなかったな点は以下の2点。

■ 英語がおざなりになってきている

話す機会が圧倒的に減ってきているのが良くないかな。
読み、書きは普段から少しはするものの、もうちょっと量を増やしていきたいですね。

そういえば、2月にTOEIC S/Wを受けたことをこれを書きながら思い出しました。
定期的にテストを受けながら目標設定していくつもりが、
この状況下(特に2月の回を最後に中止になったり、人数制限がかかったりしていた)ですっかりおろそかになっていました。

■ 自分の作りたいものがうまく進んでいない

目下はAVRの書き込み基板を作っています。
それを応用して広げていきたいなと考えているのですが、
単に書き込み基板(とそのファームウェア)を実装するのに時間がかかってます。
時間がまだあると思っちゃうんだろうけど、サクッと終わらせたいところです。

こんな感じの1年でした。

それでは、来年も良いお年をお迎えください。

Posted at : 2020-12-31 21:49:52 / Category : none

コメント

まだコメントはありません

コメントを投稿


お名前


メールアドレス(返信を通知する場合のみ記入)


認証コード(210928 と記入してください)