MCP2221Aを使う(その1)

基板を作成してみました。
昨日FusionPCBで発注、そんなに急ぎではなかったのでShigapore Postで配送にしました。
3週間後ぐらいに届くのが楽しみです。

今回作った基板は、USBで接続をして、UART、I2C、GPIOをそれぞれコネクタから出します。
メインはUSB-シリアル変換として使うため、ついでに今後その他のIOで遊ぼうと思っています。

最初、いろいろなところで使えると良いなと思い、MCP2221Aを表面実装とDIPとそれぞれ切り替えて使えるよう設計していました。
ただ、USBの基板設計ガイドラインを確認していて、明確には書いてないものの分岐はダメな気がしてきてやめました。
表面実装とDIP、どちらかは未実装になるので動作としての影響はないのですが、分岐していることで反射の影響とか受けそうだなぁ…と。
ということで、表面実装だけ残してあとはすべて削除。すっきりとした基板になりました。

image

Posted at : 2020-06-14 22:45:19 / Category : none

コメント

test

yasuharu - 2020-07-25 17:03:16

コメントを投稿


お名前


メールアドレス(返信を通知する場合のみ記入)


認証コード(200924 と記入してください)