唇の腫れが二日経っても治らない。

病院行くにしても、祝日なのでやってないようで、
第一、行くのが面倒くさい。

ということで、ざっとネットで検索してみたのですが、
思いっきり心当たりのある記述を発見。

一部抜粋(抜粋元:http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec08/ch110/ch110b.html)
「非遺伝性の原因としては、多形紅斑、日焼け、寒い乾燥した天候、
外傷などによっても唇が腫れます。」

この中の「日焼け」という項目、まさにこれです。
先日のクラスマッチで、(一日単位での相対的変化では)ここ数年
見たこともないような日焼けの仕方をしたので、おそらく、
これが原因ではないだろうかと思います。

さらに、いろいろと調べてみると、即日で発症するわけではなく、
2,3日経ってから発症するという事例も発見。
(もしかしたら、この発症の仕方が一般的なのかもしれない。
そこまで言及しているサイトが無かったので、断片的な情報)
対処法も一応書いてあって、冷やすといいとのこと。

ということで、この記事を3時ごろ見つけて、それから
適度に冷やしているのですが、あまり変化なし。
まぁ、明後日まで様子見てみて、治らないようなら病院行ってこよう。

しかし、問題は明日の学校なわけだが、注目しない限り
わからない程度なのかもしれないなぁ。
第一、その程度で休んでると別のところで支障が出てくるだろうし。。。

ぅ、明日の天気見てみたら、ずっと弱雨だ・・・。
はぁ、やだなぁ、行くのが面倒。

今日見つけたソフトをメモしておく。

Wink - [Homepage]
http://www.debugmode.com/wink/

デスクトップのキャプチャを取ったり、それにボタンや
効果を付け加えて、編集したりするソフト。
Flash形式で書き出しができるので、ソフトウェアのマニュアルに
用いたりとか、スクリーンショットの代わりになりそう。

Amazon.co.jp: Visual Studio 2005 Academic Edition: ソフトウェア
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000CSRIZ0/250-0943113-0188230

値段が4850円ということなので、the Spokeと同じような位置づけと思われる。
ちなみに、内容はStandard相当ということらしい。
Microsoftが以前にアカデミック版は販売しない、って言ってたけど、
あれは、Professionalバージョンや、Standardバージョンの
アカデミックライセンスは販売しない、という解釈になるのだろうか。

SourceForge.net: Windows Template Library (WTL)
http://sourceforge.net/projects/wtl/

WTLの存在は以前から知ってたけど、SourceForgeに
登録されているというのは、知らなかった。
まぁ、気が向いたら使ってみたいと思う。

Posted at : 2006-07-18 00:14:55 / Category : none

コメント

まだコメントはありません

コメントを投稿


お名前


メールアドレス(返信を通知する場合のみ記入)


認証コード(220521 と記入してください)