配列の宣言

昨日、テスト前にBasicの仕様をみてて気づいたのだけど、
BasicのDim使っての配列の宣言って、最大の添字を指定して
宣言してやるんですね・・・。
最初見たときに、これ、間違えて書いてあるんじゃないか、なんて
言ってたら、家帰ってみてVBの本を読んでみると、最大の
添字で宣言するって書いてある。

一応、解説を加えると、C言語だと、配列の宣言の添字は
配列の要素の個数を指定するようになっています。

例えば、以下のような例。

Basic
dim array_basic[10] as int

C言語
int array_c[10]

この例だと、Basicはarraybasicにarraybasic[0]~arraybasic[10]の
合計11個の配列要素が確保される。
対して、C言語だと、array
c[0]~array_c[9]の
合計10個の配列要素が確保される。

というのが、昨日の数学のテストの前の異様な光景。
まぁ、結果はというと、プログラムの部分は、
20点中7点だったけどね orz
そのわりに、ベクトルより取れてたとか、
そんなことはないと信じたいけどね orz

Posted at : 2006-11-05 07:36:02 / Category : none

コメント

まだコメントはありません

コメントを投稿


お名前


メールアドレス(返信を通知する場合のみ記入)


認証コード(210228 と記入してください)