病院に行ってきた

藤田保健衛生大学病院の眼科に行ってきた。

とりあえず、眼科内の見た限りのシステムが全てWindowsで
動いていたのが、とても衝撃的でした・・・。

別に、Windowsが腐っているとかそういうわけじゃないですよ。
GUI付きのLinuxも十分腐ってると思うので。特にこの頃。
気になってしまうのは、内部の構造がどうなっているか、
ある程度わかっているので、逆に怖いんですよね。
何をやらかしたらまずいとか、そのコンポーネントには癖があるだとか。。。

カルテも電子化されているようで、例えば、眼圧を測るときでも、
バーコードで識別子を読み取った後、いつも通り測って、
紙に出力されずに情報だけ記憶されているようだった。

眼圧を測る機械だけでなく、その他の機械も、出力が何らかの形で
コンピュータに取り込めるようになっており、例えば、医者が見ている画像を
コンピュータ上にリアルタイムで表示したり、保存したりすることが出きるみたい。

まぁ、自分自身については、筑波大学付属病院の眼科に紹介状を書いてもらって、
向こうで色々とやるようです。授業に支障が出ないといいね。

ということで、明日の夕方につくばに戻る予定です。
新幹線の予約もとったので、特に問題が無ければ、17時半には宿舎につくでしょう。

Posted at : 2009-03-30 22:38:54 / Category : none

コメント

まだコメントはありません

コメントを投稿


お名前


メールアドレス(返信を通知する場合のみ記入)


認証コード(230127 と記入してください)